(∩´∀`)∩ワーイ

そろそろ人に迷惑かけないように死にたい

注目したいところは、時給1,000円という低給料で求められるもの
・洋書目録の作成、つまりは目録規則を理解し外国語が読解ができるレベルが必要
・発注、受入、配架、除籍、装備、蔵書点検
・英語によるレファレンス、つまりは英会話ができるレベルの語学力が必要
・カウンター業務においても英語での対応が必要
・書類作成、経理などの一般事務
・PowerPointやAccessもできること
・応募理由も書いて提出しなくてはならない
・図書館勤務経験が5年以上
・司書資格が必要

私も長く図書館業界の求人を観察してきましたが、この程度の待遇で、ここまでの条件を要求する求人は見たことがありません。事情はどうであれ、応募する当事者でなくとも、呆れるというか、憤りを感じるというか、悪意すら感じます。バカも休み休みにしてもらいたいものです。

— こんなふざけた内容の求人があって良いのか? 国際文化会館図書室: 地方公務員・国立大学法人の図書館司書になる! (via katoyuu)

最近アニメ見てても主人公はだいたい学生で家帰ると庭付き一戸建てで「ぐう…いい間取りだ…子供部屋も複数か…庭に木がある…いくらだろうか…駅から徒歩圏内だし…俺には買えぬ…」ってなって全然楽しめない
このままだと圧政に苦しむ農民のアニメとかしか共感できなくなる

— Twitter / CARDhasan (via rpm99)

Older →